京丹後市,新築,リフォーム,不動産,土地,賃貸,物件,住宅,丹後,野田川,宮津,福知山,舞鶴,株式会社三木,三木ハウス,

HOME» Q&A »資金計画について

Q&A

資金計画について



 

家を建てたい。でも建てられる?
毎月の返済額から試算してみましょう。

 

まず自分たちは家づくりにどれくらいの費用をかけることができるのか。

それを知るには毎月の返済額がいくらであれば、余裕をもって生活することができるのかを割り出すところからはじめます。

たとえば、賃貸住宅に住んでいるのであれば家賃を基準とし、その家賃にいくら上乗せできるか、逆に少し削るのかを決めます。

仮に、Aさんが7万円の家賃を払っており、それに1万円上乗せした8万円を毎月の返済に充てることにしたとします。金利が1.5%として10年固定の35年 ローンで計算すると、総額は2,613万円になります。この場合、Aさんの家づくりの予算は2,613万円ということになります。

 

土地と建物以外にも費用が発生する?
はい、諸費用の存在を忘れないようにしてください。




この中の諸費用というのは火災保険、水道加入金、ローン保証料、引っ越し費用、地盤補強、外構工事などのことで、家づくりには不可欠な費用です。大まかな計算ですが200万円〜300万円みておけばよいと思います。

先ほどのAさんのケースにあてはめると、2,613万円のうち、200万円は諸費用として残り、2,413万円を土地と建物に充てることになります。

仮に50坪の土地が750万円で手に入ったとすると、残り1,663万円が建物にかけられる費用ということになります。

 

 

もっと建物にお金をかけたい場合にはもう少し安い土地を探せば良いわけですし、逆に土地の値段が高ければ建物の予算を下げる事で予算オーバーを回避できます。

このように家づくりの総予算をしっかりと決めておき、その範囲で自分たちの希望を最大限に叶えるための選択をしていくことが、失敗や後悔のない家づくりのコツです。

 

http://demo.free-section.com/userfiles/image/df/14066362021.jpg http://demo.free-section.com/userfiles/image/df/14066362021.jpg